債務整理後でも作れるデビットカードの特徴!

自己破産後のカード

債務整理の直後でも作れるデビットカードの特徴をご紹介したいと思います。

債務整理をしても作れるのがデビットカード!

このカードは、使えるカードなのでしょうか?

はい!
使えるカードです。

デビットカードは、クレジットカードのようにネットショッピングもできますし、店舗での買い物も可能です。

債務整理をすると、クレジットカードは作れないのに、どうしてデビットカードは作れるのでしょう?

以下では債務整理をしてもデビットカードが作れる理由やデビットカードの特徴、デビットカードが安心して使えるワケを詳しく紹介しています。

デビットカードが債務整理をしても作れる理由

デビットカードは、自己破産を含む債務整理をした場合でも、作ることができるカードです。

とは言え、債務整理をすると「ブラックリスト」と呼ばれる信用情報に事故情報が登録されてしまうことは、あなたも存知ですよね。

通常ですと、このブラックリストに債務整理をした情報が登録されると、金融取引・信用取引ができなくなってしまいます。
つまり、ローンやクレジットができなくなると言うことです。

では、なぜデビットカードは債務整理をしても、作ることができるカードと言い切れるのか?

その答えは、デビットカードの特徴にありました。

債務整理しても作れるデビットカードの特徴

まずは、デビットカードの特徴を見てみましょう。

デビットカードは審査が不要

デビットカードの特徴として、新規発行の時は基本的に審査がありません。

つまり、通常審査が通らない人でも、審査が無いのでデビットカードを作ることができます。

なので、債務整理をしてブラックリストに載っている方でも、デビットカードなら作ることができるというワケです。

デビットカードは即時決済

もう一つデビットカードとクレジットカードが大きく違う所があります。
それは、引落しのタイミングと支払い方法です。

クレジットカードの場合、商品やサービスの代金は、翌月以降に銀行口座から引落されます。

しかし、デビットカードの場合、商品やサービスの代金は、支払った瞬間に銀行口座から引落されます。

要するに、
クレジットカードは「後払い決済」で、
デビットカードは「即時決済」と言うことです。

デビットカードとは、銀行口座に直結している決済用のカードです。

「いちいち現金を引き出して買い物するのも面倒くさいなぁ…、キャッシュカードでこのまま買い物ができないかなぁ…。」
が、現実になったのがデビットカードです。

お金の管理ができて安心なのがデビットカード!

「カード破産」という言葉を耳にしたことありませんか?
最近若い世代に多いそうです。

「来月までに払えばいいか(クレジット)」
「3回に分けて払えば大丈夫(分割)」
「月々5,000円なら楽勝~(リボルビング)」

など、収入が無いのに、安易にお金が借りられる環境と気軽さがカード破産の原因だとか。

でも、デビットカードならクレジット機能はありません。
また、デビットカードなら銀行口座の残高以上のお金が使えないので、お金の使い過ぎが防止できます。

お財布の中にお金が入っていなければ、お金を使うことはできません。
デビットカードも同じ感覚です。

銀行口座の入金と出金だけなので、実にシンプルです。
しかも、リアルタイムでお金の管理ができるのが良い所でもあると思います。

では、どれだけデビットカードが便利なのか?
以下で紹介しておきますね。

デビットカードは使い勝手が悪い?

デビットカードは、実は、使い勝手が悪いカードなんじゃないの?
なんて思ったそこのあなた。

デビットカードは、実に、使えるカードです。

クレジットカードに負けず劣らず、全く問題なく使えます。

なぜでしょうか?
それは、クレジットカードとほぼ同じ機能やサービスが付いているからです。

デビットカードは、クレジットカードの同じシステムを使用しているカードで、大きな違いは、引落しのタイミングと支払いの方法。

使い勝手が悪いどころか、便利でとても使いやすいです。
では、どのように使いやすいのか見てみましょう。

デビットカードの使い方は?

使い方は、クレジットカードと同じ様に、買い物をしたらデビットカードを提示して「1回払いで」と言うだけです。

デビットカードは、現金取引と同じなので1回払いしか出来ません。

デビットカードの種類は?

銀行が発行するキャッシュカードにデビット機能が付いた銀行系デビットカード(J-Debit)と、
銀行系デビットカードに国際ブランドと提携したデビットカード(Visa・JCB・Mastercardなど)の2種類があります。

<銀行系デビットカード>
キャッシュカード
+デビットカード

<選べるブランド系デビットカード>
キャッシュカード
+デビットカード
+国際ブランド

余談ですが、個人的にはJCBを利用していますけど、市場では圧倒的にVisaの方が多い気がします。

デビットカードは何に使える?

国際ブランドのデビットカードは、国際ブランドのマークのある国内外の店舗・インターネットでの買い物ができます。

もし、オンラインショッピングや店舗での買い物など、用途が広い方がいいのであれば、国際ブランドと提携したデビットカード(Visa・JCB・Mastercardなど)を利用するといいでしょう。

デビットカードが使えないことはこれ!

即時決済システムに対応していない店舗や銀行口座の残高不足の時は使うことができません。

  • 高速道路や有料道路の料金(ETC)
  • 飛行機の機内販売
  • ガソリンスタンド

などには、対応していませんので、注意してください。

また、デビットカードは「家族カード」と「ETCカード」の発行は基本的にできません。

デビットカードのサービスって何?

デビットカードには、ポイントが付いたり、キャッシュバックなどのサービスがあります。

デビットカードの種類や発行元によって若干の差はありますが、使う度に還元されるので現金を利用するよりお得です。

デビットカードに補償はある?

デビットカードの発行元によっては、クレジットカードとほぼ同等の補償も付いているカードもあります。

ショッピング保険や不正利用の補償が付いていたり、利用したいデビットカードを調べてみるとちゃんと記載されていますので、とても安心です。

例えば、国際ブランドと提携したデビットカード(Visa・JCB・Mastercardなど)を、ブランドごとに調べてみました。

みずほJCBデビットの不正利用補償限度額は、
年間100万円を限度に補償してもらえます。

SMBCデビット(visa)の不正利用補償限度額も、
年間100万円を限度に補償してもらえます。

楽天銀行デビット(Visa・JCB・Mastercard)の不正利用補償限度額も
年間100万円を限度に補償してもらえます。

ブランド別に見てみても、デビットカードは、大体年間100万円まで補償があります。
ちなみに、クレジットカードの不正利用の補償も、大体年間100万円くらいです。

上記のように、デビットカードでも充分補償が充実していることが分かりますね。

デビットカードは本当に誰でも作れる?

デビットカードは、通常審査の通らない15歳(中学生不可)から、作ることができるカードです。
なので、審査に不安がある方(ブラック状態)、仕事を引退した高齢者、専業主婦、高校生でも銀行口座があれば作ることができます。

まとめ

上記の内容をまとめますと、デビットカードを新規で発行する場合の審査は必要ありません。

債務整理をした方も、これからする方も、審査の必要のないデビットカードなら安心して作ることができると思います。

債務整理をしてクレジットカードが作れなくても、デビットカードだけでも十分便利に暮らしていけることは間違いなさそうです。

債務整理をしても、する前でも、債務整理手続きに何も差支えはありませんので、好きなタイミングでデビットカードの発行をすることもできます。

債務整理の前でも後でも、1枚持っておくと心強いですよね。

これで、安心して債務整理に踏み切れると思います。

タイトルとURLをコピーしました