自己破産で住宅ローンはどうなる?気を付けるポイントは?

住宅ローン

自己破産で住宅ローンはどうなるのでしょうか。

気を付けるポイントは?
自己破産をすると住宅ローンはどうなるのでしょうか?

自己破産をするときに自宅を所有している方は、とても気になると思います。
まして、住宅ローンの返済中の方は、どうしていいのか分からなくなりますよね?

住宅ローンは自己破産をすると免除になります。
ただし、自宅は処分されてしまうので手放すことになります。

他に気を付けなけばいけない注意点はないのでしょうか?

そこで、自己破産をした場合の住宅ローンの行方や、その時に注意しなければいけない点・対処法など、自己破産と住宅ローンにまつわる情報を詳しく紹介しています。

自己破産をしようかと検討中の方は、押さえておきたい情報が満載なので参考にされるといいでしょう。

任意売却の無料相談窓口はこちら

債務整理の実績が豊富な弁護士や司法書士はこちら

自己破産をすると住宅ローンはどうなる?

家はやはり処分されてしまうのでしょうか?
住宅ローンは残ってしまうのでしょうか?

結論からお伝えします。
住宅ローンは免除されますが、自宅は処分されてしまいます。

自己破産をする時に自宅を所有していると、自宅は差し押さえられて処分されてしまいます。

なぜなら、
自己破産は、生活に必要な物以外の財産・資産と引き換えに、今ある借金の全てを免除する手続きだからです。

そして、住宅ローンを返済中の方は、返済が免除されます。

自己破産をした後の自宅はどうなる?

自己破産をした後の自宅が気になりますよね。
その後の自宅はどうなってしまうのでしょうか?

自己破産をした後の自宅は、裁判所に競売に出されます。

競売に出され買い手が付くとお金に換えて債権者に平等に分配されます。
それでも残ってしまった借金が全て免除になるのが自己破産の救済制度です。

競売にかけられると市場価格より若干安く取引されますが、
自己破産をする側としては、競売の回収額が安くても、高くても、残った借金は全て免除になるので影響はありません。

自己破産をする前にできることは?

自己破産の前にしておくとメリットになることはあるのでしょうか?

あります。
それは、自己破産の前に自宅を任意売却することです。

そんなことできるの?
なんて思った方もいるでしょう。

でも、自己破産の前に、自宅を任意売却をして自ら処分することは可能なんです。

なぜ任意売却がいいのでしょうか?
それは、自己破産前にやっておくと費自己破産の用が安く済むかも知れないからです。
むしろ、売却しておかないとかなり損をしてしまう可能性があります。

住宅ローンがある方の場合は、ほとんどの場合銀行などの金融機関が住宅ローンの債権者となります。

任意売却をする場合、債権者である銀行などの金融機関に許可をもらうことが前提です。
金融機関としては、任意売却の方が競売より返済分が回収できるので、ほとんどの場合は許可をしてくれるそうです。

任意売却により多くの返済額を金融機関に納めて、残債を組み直して返済を続けることも可能ですので、
返済が滞る前に金融機関に相談をするのも、事前に自己破産を回避する一つの方法でしょう。

任意売却の無料相談窓口はこちら

債務整理の実績が豊富な弁護士や司法書士はこちら

自己破産をする前に自宅を処分するメリット

自己破産をする場合、
自宅が競売にかけられて処分されるなら、
自己破産の前に自ら自宅を手放しておくことで、
自己破産の費用が安くなる可能性があります。

自己破産の際、家を所有していると換金処分の対象となると先程言いましたが、先に任意売却をして自宅を手放しておくことで、自己破産の手続きの扱われ方が違ってくるからです。

自己破産前に自宅を処分すると自己破産の費用が安くなる

自己破産前に自宅を処分すると得られるメリットは、
自己破産の費用が安く済むと言うことです。

少し安いくらいなんでしょ?
なんて侮ってはいけません!

手続き次第では、その差は最低でも20万円~50万円程の差が出ます。

自己破産の手続きには2種類の手続き方法があります。
「管財事件」と「同時廃止」の2種類ですが、費用も期間も違います。

自己破産の手続きは必ずどちらかの手続きをしないといけませんが、自宅などの財産を所有しているかどうかも視野に入れて、最終的に裁判所が決めます。
申立てる側からの選択権はありません。

そして、自己破産をするときに、
自宅や換金価値のある財産を事前に処分をしておくと
「同時廃止」扱いになる可能性が非常に高くなり、
費用と期間をかなり抑えることができます。

自己破産の際に自宅や換金価値のある財産を所有していると、管財人が選任され「管財事件」として扱われます。
この時のは、自己破産て手続きの手数料とは別途、最低でも20万円以上の「予納金」が必要になりますし、
調査・換金・分配などの業務が発生するため自己破産手続き自体の期間が長くなります。

一方、自己破産になったとしても処分する財産がなく、何も問題がないと判断をされれば「同時廃止」として扱われます。
「同時廃止」は管財人の選任も予納金もありませんので、自己破産手続き手数料のみの上、自己破産手続きも3ヶ月程度と短い期間で手続きが終了します。

よって、事前に自宅を処分しておくと自己破産の費用が安くなるようなので、ご参考までに紹介しておきます。

自己破産前に任意売却をすると高値で売れる

自己破産前に持ち家を任意売却すると、
市場価格に近い値段で取引される可能性が高いです。

もし、想定以上に高値で取引されれば、住宅ローンに充てて残りのローンを組み直してもらい、新たな返済計画も立てられる可能性があります。
そうなると、自己破産はしなくても良くなる方いるかも知れません。

任意売却の方が競売より高く売れるというお話でしたが、
任意売却のメリットは高く売れるだけではありません。
任意売却なら買い手の方と費用や入居の相談をする事ができるので、引っ越しの準備の計画が立てられます。

また、任意売却の際に引っ越し費用の条件を提示することにより、引っ越し代が捻出できると言う点では、競売ではできないメリットと言えるでしょう。

自己破産で住宅ローンがある場合の注意点

自己破産をするときに住宅ローンがある場合に注意したいことがあります。

それは、自己破産をする際、自宅を所有したまま自己破産をしてはいけないというです。

理由は3つあります。
注意点は以下の通りです。

1.裁判所から強制的に退去を命じられる

注意点としては、
自宅を所有したままの自己破産は、裁判所から強制的に退去を命じられることです。

自己破産をすれば、引っ越ししなければいけなくなります。
競売にかけられると、突然退去通知が来ます。
これに応じないと強制退去も執行される場合もあります。
また、売却で得た利益は全額分配に充てられてしまいます。

でも、任意売却をすると、引っ越しするタイミングが調整できることと、引っ越し代が捻出できる可能性が出てきます。

任意売却の無料相談窓口はこちら

2.自己破産は費用がかかる

注意点としては、それなりに費用もかかることです。

自己破産は、専門家に支払う費用、自己破産の申立て手続きの費用、自己破産による信用情報の事故登録などが必要です。

3.競売はプライバシーが不安

注意点としては、
自己破産による競売はプライバシーが守られているとは言い難いのが現状です。

競売は、裁判所の掲示板や、競売サイト、新聞、インターネットなど「競売」として公表されます。
実名は伏せるものの競売物件として公表されると、やはり近所の目が気になるでしょう。

また、住所や家の外観、内観など詳細に公表されるので、プライバシーが守られているとは言い難い状態ですので、家族の精神的なストレスを考えると生活しづらい状況は否めません。

対処法としては、任意売却をすれば、一般の中古物件を普通に売り出すように公開されるので、一般的な不動産売却とほとんど変わりませんし、家族のプライバシーも保たれることに繋がります。

近所の目にも普通の不動産売却として見られるので、何か聞かれても「家を売る」「引っ越しをする」など事実を言えばいいだけです。

任意売却の無料相談窓口はこちら

自己破産で住宅ローンどうなる…まとめ

自己破産で住宅ローンはどうなる?
気を付けるポイントは?
と言うテーマで紹介してきましたが、以下に簡単にまとめました。

  • 自己破産をすると住宅ローンはどうなるのでしょうか?
    良い点:住宅ローンは自己破産で免除。
    悪い点:自宅は処分されてしまう。
  • 自己破産をした後の自宅はどうなるのでしょうか?
    状況:自宅は裁判所に競売に出される。
  • 自己破産をする前にできることは何でしょうか?
    提案:自己破産の前に自宅を任意売却。
    任意売却の無料相談窓口はこちら
  • 自己破産前に自宅を処分するメリットは何でしょうか?
    良い点:自己破産の費用が安く済む。
    良い点:市場価格に近い高価格取引。
  • 自己破産で住宅ローンがある場合の注意は何?
    注意点:自宅を所有したまま自己破産。
    対処法:自己破産の前に任意売却。

自己破産をすると住宅ローンが気になりますが、自宅を手放してもタダでは手放してはいけません。
また、自己破産を回避すると言う選択肢もありました。

しかし、一つ言えることは自己破産のしても、任意売却にしても、ある程度の知識が必要と言うことです。

知識がないと難しい場合は、やはり専門家のアドバイスも必要な場合もあるので、困った時は専門家の意見も参考にするといいでしょう。

任意売却の無料相談窓口はこちら

債務整理の実績が豊富な弁護士や司法書士はこちら

タイトルとURLをコピーしました